1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 麻雀ブログ大賞に参戦します!
  4. 天鳳 » 
  5. 麻雀ブログ大賞に参戦します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

麻雀ブログ大賞に参戦します!

【ハンドルネーム】なめとん
【自己紹介】今年はおもに「観戦くん」のバージョンアップをしてました。平たく言うと、プロ・アマ問わず天鳳の観戦士に対する支援事業です。

【主な記事】
天鳳の諸問題を数値化・分析してみる
天鳳雀荘戦が出来て○ヶ月たちますがいかがお過ごしでしょうか
これくらい雀荘戦盛り上がってほしいですね!
あとは、左側に作ったツールのリンクがたくさんあります。
昇段シミュレーターとか、BPM測定とメトロノームがけっこう検索されたと思います。





【超ロジカルとは何か?】
最近、日本プロ麻雀連盟著「イメージする麻雀観」を読んだのですが、「流れ」について触れてあって思わず微苦笑してしまいました。

「流れはありますか?」という質問はなにかしら小学生の正義感のようにも感じられるし、それに「ある」とこぞって答える連盟プロに対しても苦笑というかなんというか。
このいわゆる「デジタル×オカルト」論争はこれからもずっと続くのかと。
「流れ」の存在論はどうでもよく、具体的に何を切るかの選択論で語って欲しいとは思います。

ネトマ界の主流であるデジタル(ロジカル)派に対して、オカルト派の立場はほんと弱いですよね。
僕は基本的にデジタルだけど、連盟に代表されるオカルト側に立って考えてみると、
「おれらにロボットになれというのか」というデジタル派に対する強い拒否反応を感じるし、共感もできます。
人間には感性があり、論理・ロジックを超えた世界があるのだからと。
ただ「流れ」という言葉ですべてを説明しようとしてるところに絶望的な無理があるのが残念なところです。

他に読んだ本はたとえばこんなの。
・ジョン・ケープルズ著「ザ・コピーライティング」
音無さんが紹介されてた本で、文章的・芸術的というよりも、瞬間的に金を出させるのが勝ちという、人の無意識に働きかけるコピーが重要で、深層心理学的・超純粋資本主義のようにも読めた本です。
・岸田秀著「最終講義DVD本」
岸田秀はなんでもおもしろいけど、最近読んだのはこれ。
・苫米地英人著「洗脳原論」
脳の可能性・不可能性について。前者は洗脳、後者は、人間の思考は完全にコンピューターでは再現できないのだそうで、認知科学・脳機能科学に関わる分野だそうです。

3冊すべて無意識に関わるものなんだけど、
無意識が氷山で、意識がその一角とか例えられますよね。
このアナロジーで、論理(デジタル)がその一角、論理を超えた世界を氷山と捉えることは無理があるでしょうか。

ここで、デジタル×オカルトに代わる概念を考えてみたいと思う。
デジタルでもオカルトでもないよという人が必ず出てくるから。
logicalとillogicalの関係だとすべての人がどちらかに含まれると思うんだけど、
ロジカル×非ロジカルという対立関係ではなく、
ロジカル⊂超ロジカルという包含関係を提唱してみたいと思います。

超ロジカル=論理を超えた世界です。
人間をロジカルに捉えていたのはたぶんデカルトとかまでで、論理では捉えきれない、論理で全てを割り切ることはできないというのが今の趨勢だと思います。
その点で、オカルト派のロジカル派に対する拒否反応というのは理解できると思いますがどうでしょうか。

最近ネマタさんが近代麻雀のコラムを終えられましたよね。
既存の全ての戦術論と比較して、一番でかくて一番堅牢で一番美しいピラミッドを建てようとしていたのは分かりましたたぶん。理解されなかったのだとすれば、まだ設計段階で土台も見えなかったからではないか。これまでの研究成果から、既存のピラミッドとはどこが一番違うのか何がすごいのか、派手な部分をてっとりばやく読者に見せることが必要だったのではないか僕も見てみたいし。

たとえばネマタさんが全集を出すとします。それが麻雀の全てであれば、悪く言って申し訳ないんだけど、麻雀は奥が浅いゲームであると。
麻雀戦術が更新され続けていくとすれば、超ロジカルの領域に入っていくのではないかと予想します。
デジタル雀士しかいなくなったら麻雀は滅びるとか言ってた人が昔いたけど、どうなるんでしょうね。

冷戦構造が崩壊してイデオロギーの対立が実質上なくなり、不況も相まって、最近は世代間の対立が深まってると思うけど(「老害」という言葉に象徴されるように)、麻雀界もそれにすぽっと重なってるような感じですよね。
将来どういう世代間の対立が起きるのか楽しみです。
ロジカルとか古すぎー!超ロジカルだろー!って言われたりしてね。






追記(12/18 9:30)

・何がしたいのか?
麻雀でびっくりしたいだけです。価値観が変わるような。
とつげき東北「科学する麻雀」以降そういうのがない気がして。
ロジカル的には精密に進化していくとして、
今後びっくりできることというのは、ロジカルを超えた部分ではないかという仮説です。

・オカルトと同じじゃないの?
言葉遊びのように思われるかもしれないけど違います。
「流れ」で全てを説明するようなオカルト派とは違い、
論理を超えた内容でありながら、誰でも理解でき納得できる記述を期待しています。
例えば、論理を超えた内容である無意識を扱う精神分析学がオカルトとは思われないようにです。

・今後したいこと
「流れ」という言葉でごまかさないこと。
現在デジタル・ロジカル派は見ないようにしている、オカルトだからと排除してる部分を、論理的に展開すること。
人間にとって無意識と比べて意識の部分はすごい小さいけれど、それが、現在のロジカル派では物足りないと僕が感じる理由です。

スポンサーサイト

Comment

No Title

麻雀のポストモダン化ですね
桜井章一やらの裏プロ、表プロたちの大きな物語が消えてしまいこれからどうしようか模索している段階だと思います

  • TK [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/15 (Wed) 22:45
No Title

いつもお世話になってます^^

ブログ大賞応援してます!

  • なんちくはむ [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/16 (Thu) 06:12
No Title

>TKさん
ポストモダン化する前のほうがなんでも面白かったと思うけど、時間は戻らないしね。

>なんちくはむさん
どもどもー!

  • なめとん [#0xDUJ9h6] |
  • URL |
  • 2010 12/17 (Fri) 00:30
  • Edit
No Title

精神分析学はオカルトだと思われてますね。
少なくともアカデミックな世界の中では。
だから学術論文にフロイト、ユングは使えないです。

行動心理学などの実験心理学(所謂大学に入って普通に学ぶ心理学)をやってる人たちからすれば、精神分析は血液型診断などと同じくオカルトで注意をしなければいけない分野のようです。

  • UMA [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/18 (Sat) 12:54
No Title

僕の中では大雑把に、

デジタルと言われる打ち方は、瞬間、瞬間の状況において
最適解を計算するというイメージで、

オカルトと言われる打ち方は、流れというくらいなので、
時系列的に何かを見よう、感じようとしているイメージです。

流れの単なる言い換えかもしれませんが、
最初から最後までのツモ牌Xiの組み合わせを
パターン Pi = (X1, X2, X3, ...)
と書くとすると、膨大な数ですがPは数え上げることができます。
鳴きなしで考えるとして、これらのパターンのうちのどれかが、
毎回の局で実現するので、「今回はパターンP10だった」みたいな
ことは言えると思います。

ある種、「◯◯の流れ」と判断するいうのは、
「パターンPiである」と判断するのに近いのではないか?
なんて思ってます。

もしこの捉え方をするなら、
統計的な意味で計算可能な部分があります。が、
人間の感性、判断といった計算不可能(たぶん)な部分は
必ずあると思います。
でも、時系列的に統計を駆使すれば、デジタル/オカルト
の差が縮まるのでは??
とか思います。

あんまり考えがまとまってませんが。
長文失礼しました。

  • smori [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/18 (Sat) 14:05
No Title

※追記
時系列的に統計を駆使すれば、っていうところ、
科学する麻雀などでシミュレーションやってたので、
全くされてないという訳じゃないですね。
失礼しました。

  • smori [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/18 (Sat) 14:19
No Title

mjlog(天鳳牌譜ファイル)を開いてデータを表示するプログラムを作りたいのですがどうすればいいのでしょうか。

  • Taro [#-] |
  • URL |
  • 2010 12/18 (Sat) 16:35
No Title

>UMAさん
例が違ってたかwでも麻雀でもロジカルを超えた部分を万人に理解されることってもう無理なのかな

>smoriさん
smoriさんのってデジタル・ロジカルの範囲内のように思えるけど違うかな

>Taroさん
mjlogは全く使ってないのでわからないです。使ってる人に聞いてみてください

  • なめとん [#0xDUJ9h6] |
  • URL |
  • 2010 12/19 (Sun) 00:13
  • Edit
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://nametonn.blog60.fc2.com/tb.php/248-f1c047a6 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

なめとん

Author:なめとん
twitter
天鳳


観戦くん
天鳳の特上・鳳凰卓を観戦できるツールです。(男冥利.com対応・SS機能・Twitter検索・観戦ランキング付き)最新は
ver0.69鳳凰卓復興支援機能つき(2012/3/10)
です。


昇段シミュレーター四麻版
昇段シミュレーター三麻版

麻雀関係のツール集

牌画ツール(天鳳牌理版)
小倉システムシミュレーター
凸本の押し引き判別式


天鳳4麻Rateグラフ
天鳳3麻Rateグラフ
2009年以降の天鳳の公式Rateランキングに載っているID全員のRateグラフが見れます。
天鳳4麻Rateグラフ2008
天鳳3麻Rateグラフ2008

※グラフとか見れないとかの場合は、IE以外のブラウザを使ってみてください。

BPM測定とメトロノーム
点数計算ますたぁ
表からtableツール


月刊ネットマージャン

月刊ネットマージャン 2009年1月号に掲載されました♪
uniqlock
最新記事
コメ㌧
トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。