1. Top » 
  2. 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

麻雀ブログ大賞とは何だったのか?

2010年明けましておめでとうございます。

去年は、管理人音無さんにおんぶにだっこの年でしたw
知らない間に月刊ネットマージャン1月号に掲載されていて、
月刊ネットマージャンのトップページのRSSにも載せてもらって、
年末に麻雀ブログ大賞にエントリーさせていただいて。

で、音無さんはいかにして麻雀ポータルサイトを作りえたのか?
じゃなくて、
麻雀ブログ大賞とは何だったのか?です。
私はプラスになることあれ、マイナスになることがあるとは考えてませんでした。(私にとってはノーリスク・ローリターンです。)
順位を付ける以上、全員が満足できることはありえない?のかな。難しいとこです。
構造として、プロフェッショナルの観点からアマチュアを引き上げるような感じがしました。
いいのか悪いのか評価とかは分かりません。私は楽しかっただけとしか。

大賞の基準の問題もあります。
大きく2つに分けるとすると、
直木賞的と芥川賞的を考えました。いま勝手に。
直木賞的は、今回の大賞のような、人気とアクセス数等で一意的に決定されるもの。
芥川賞的は、哲学的?というか麻雀の価値観を変えるようなもので一意的に決まらないもの。

芥川賞的なものは、今回でいうなら、★ばくお★さんですよね。
ばくおさんの思想は2010年代の五輪書になる可能性があります。
今は麻雀に対する姿勢だけで、質については全く知らないんだけど。

あとは、まったり麻雀の作者のkmo2さん。どうやって打牌を決めてるのかの数値に興味があります。
ほかでは、うしうし掲示板。もはや何をやってるのかも分からないw 研究成果を誰でも分かる言葉で発表してほしい気もします。
前から言われてることだけど、「麻雀に三色はない」というような変わりつつある最先端の麻雀の本質なんかもそうです。

今回の大賞は、現代麻雀技術論でした。
現在はこれが最高の理論であると仮定する。
でもいつかはこれが間違いであることが分かるかもしれない。
麻雀でもなんでもそうですよね。
そういう、価値観が更新されることに興奮します。
「そんなんやってんのはぬるいよ!」の更新です。
そうやってずっと更新し続けるのか、麻雀の結論めいたものが分かってしまうのかは知らないけど。





スポンサーサイト

Page Top

カレンダー
12 | 2010/01 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

なめとん

Author:なめとん
twitter
天鳳


観戦くん
天鳳の特上・鳳凰卓を観戦できるツールです。(男冥利.com対応・SS機能・Twitter検索・観戦ランキング付き)最新は
ver0.69鳳凰卓復興支援機能つき(2012/3/10)
です。


昇段シミュレーター四麻版
昇段シミュレーター三麻版

麻雀関係のツール集

牌画ツール(天鳳牌理版)
小倉システムシミュレーター
凸本の押し引き判別式


天鳳4麻Rateグラフ
天鳳3麻Rateグラフ
2009年以降の天鳳の公式Rateランキングに載っているID全員のRateグラフが見れます。
天鳳4麻Rateグラフ2008
天鳳3麻Rateグラフ2008

※グラフとか見れないとかの場合は、IE以外のブラウザを使ってみてください。

BPM測定とメトロノーム
点数計算ますたぁ
表からtableツール


月刊ネットマージャン

月刊ネットマージャン 2009年1月号に掲載されました♪
uniqlock
最新記事
コメ㌧
トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。