1. Top » 
  2. 麻雀一般

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

3麻4麻とポリリズム♪

BPM: 

     



つかいかた:
BPM:60の場合、1分間で60回つまり1秒で1回打つことになります。
その横のボタンでBPMを変えることが出来るし、数字を書いてSTARTボタンを押すことで直接変えることも出来ます。

その下の説明:
「*」これは、BPMの3倍のスピードで進みます。
BPM60の場合、(それを3分割した)BPM180で刻んでます。
4拍子の1こを3分割したものが最小単位pです。
pを3つずつ取っていくと4拍子、
pを4つずつ取っていくと3拍子となります。
4拍子は、たつつたつつたつつたつつ・・・
3拍子は、たつつつたつつつたつつつ・・・
となって、ポリリズムになっているのが分かると思います。

練習すれば、右手で4、左手で3を打ったりが出来るようになります。
僕はまだ出来ないんだけど、4から3、3から4へ移行するのは気持ちいいと思います。

見た目しょぼいんだけど、FLASHとかで作ったらかっこいいかも。
今回は3と4だけだけど、4と5とかいろいろ拡張できるようにとか。

で、これと麻雀との関係なのですが。
3麻が苦手な人というのは、3拍子を体得していないからなのだと判明しました。
そのためのツールです。
4麻ならば、1人の所で3つ刻みます。
たつつたつつたつつたつつ。で、一周です。
3麻ならば、1人の所で4つ刻みます。
たつつつたつつつたつつつ。で、一周です。

これにより、3麻におけるリズムの違いを克服できます!
逆はたぶんいないですよね。
音楽はワルツしか聞かないとかいう人じゃないかぎり。

3麻4麻とポリリズムでした~。


スポンサーサイト

小倉システムは使えるか2

参考)
小倉システムシミュレーター
小倉システムは使えるか?

小倉プロの本が出されてからしばらく経ちますが、
実際に使われてる方はいらっしゃいますか?
私はいまだにアナログでこれからも数値を判断基準に使うのは難しそうです。

くるるさんが研究されてるみたいで、
狀況判斷(9): 小倉孝的理論
とつげき東北さんの押し引きの式よりも使いやすいとか紹介されてます。
私の上のツールも「計算工具」って紹介されてる。
中国語わかんないんだけど、コメントで、

「牌型>>点数...残酷的现实」
とかw そうなんですよね。
打点よりもスピード重視。

バランス的にどうだろうと思います。
もう少し手役重視の方がいいかなとか。
雀荘モードはよくわかりません。
天鳳ルールよりも実力の割合が小さいのかな?
はやく統一されてほしいです。
天鳳アリアリ(ただし天鳳ptを除く)のようなかんたんなルールで。
統一されるよりも先にいろいろ変わっていくものなのか麻雀って?

あと牌譜も統一されたら。
雀荘で打って帰るときに牌譜をもらえるとか。
牌にチップ埋め込みとかは無理か。




これからの麻雀研究はこうなる!

研究をマクロ的ミクロ的の2つに分けると、

■マクロ的
段位、Rate、凸さんのできすぎくん天鳳牌譜解析の細かい統計。
でもこれにはいろいろ問題あって、絶対的なものではないんですよね。

天鳳の段位は、そのポイントと麻雀の強さとが噛みあってないような気がするし、
Rateは直近の100?試合くらいの平均順位に依存する。
平均順位が同じでも、前半2.6後半2.4とその逆ではRateがかなり違ってくる。前者の方がRateは高くなる。
もちろん高い方が強いということには間違いないですが、実力が全くなくても鳳凰民とかいてもよさそうなのにいないのは、麻雀というのは言われるほど運ゲーではないということなのかもしれない。

牌譜解析は、たとえば前半とオーラスでは戦略が全く違うので項目(リーチ・鳴き等)を東場・南場・オーラスに分けるべきだと思う。
分けなくても使えてるのは、オーラスでのかわしとか差し込みとかの割合が小さいということなのかもしれない。けど、分けたらまた面白い結果が出るかもしれない。

強さとは何かとか指標とか分かるといいんだけど、麻雀ってどうしても絶対的な客観的な評価はできないからしょうがないんですよね。
そのかわりに麻雀のいい所は、プロとでもハンデなしで対等に戦えること、スポーツや将棋のように特別な才能はいらないということでしょうか。


■ミクロ的
逆に1つ1つの摸打で、一人麻雀練習機、まったり麻雀、まうじゃん等。

一人麻雀練習機は、天鳳牌理ページの形式で簡単に牌姿が書けるといいと思った。牌譜と連携させて牌効率のおかしいとこをピックアップしてくれたりしたらすごい。

まったり麻雀は、打牌の評価方法をどうやってるのか気になります。これも牌譜と連携させて解かせてみるのも面白いと思った。むしろ牌譜メインのほうがいいかも。人と打つ方が楽しいと思うから牌譜を使ってという形で。

まうじゃんってよく知らないんだけど、麻雀AIをみんなで自作して戦わせることが出来るんですよね?
これはめんどくさいかも。
だけど強者の全思考を言語化数値化してプログラム化できたらかなりすごい。




いろいろさらっとぱらぱらと

●麻雀ブログ大賞
麻雀ブログで消えていくのもありますよね。
ジャスティスさん?の今日のジャス家とか。
麻雀界の損失といったら大げさかもしれないけど、もったいないと思う。本人が消したいのならしょうがないかもしれないけど。
リアルタイムだけ追うようにすればいいのか?
ブログ大賞という大きなものだけじゃなく、月刊ネットマージャンの表紙になるような大きいことでもないような、小さいいい記事とかあったらストックしていくようにすればいい。
前の天鳳勝手にランキングなんかも誰とも明かさず消えたんだけどもったいないですよね。ソースコードとかシステムとか知りたかったし。

●雀荘モード
個人的には意見はないです。
鳳凰民、あと特にばくおさんがどう思ってるのかくらい。
サーバーの関係でユーザーを分散したいのなら、サーバーを特上以上と未満を完全に分けるようにすればいいとか思ったんだけど、そうすると四段以上は特上卓でしか打てなくなるんだよね。
それだと話題にならないかとも思った。

●対局でのチャット
段位戦ではいらない。個室ではあったほうがいい。というのが多数なのかな。
毎回「おめ」とか「あり」とか言うのがうざいとかそういうことで、天鳳はそういうのがないから居心地がいいと。でもわたしらにその流れを断ち切る勇気がないという点では、実質は変わらない。
ユーザーが精神的に強くなったりするよりも、天鳳とか環境側が居心地いい空間を作っていくべきなのか。
めんどくさいことはやりたくないし、居心地いいところにユーザーは流れていくだけでいいんですよね。たぶん。

●ネトマ
相手をリスペクトできるかが全てなんじゃないかと思う。
リアルとか知り合いとする場合は接続切断とかキレてマウスをなんかしない。
ネトマだと相手の顔が見えないからリスペクトできないのかと。
たとえばリーグ戦とか個室なら、よく知っている人と打つ場合はそうはならないから。
この解決策はまだないかな。ウェブカメラで顔映しながらとか?無理かw




押し引きツールを活用する

押し引きツールを活用してる人ってあまりいないと思うんですが、
くるるさんが研究してるみたいです。
状況判断(8): とつげき東北的理論

香港語?中国語なんでよくわからないんだけど、下のツール2つがリンクされてます。
とつげき東北式
小倉システム

「日本語でおk」とかコメしようと思ったけどやめた。
ブログのコメントは騙りができる。トラックバックは本人認証が出来る。ということがあるけど。
トラックバックできないし、しても読めないんですが。
どんな研究してんだろう?誰か訳して欲しいです。

2点あって、
どれだけ精度を高めていくかと、
研究によって今までの常識とは違う新常識が発見されることです。

私は、既存のものを壊していく、常識を更新していくことに興味があります。
小倉システムは、後付け的に?書いてるようなかんじで、
これまでの常識内というか。
たとえば「強者は和了素点が小さい」のような常識を壊すものではないような気がしました。
これは勉強不足で私が分かってない可能性も高いのですけど。

常識に沿ったものならいいけど、新たな発見とかあったら教えて欲しいです。




Page Top

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なめとん

Author:なめとん
twitter
天鳳


観戦くん
天鳳の特上・鳳凰卓を観戦できるツールです。(男冥利.com対応・SS機能・Twitter検索・観戦ランキング付き)最新は
ver0.69鳳凰卓復興支援機能つき(2012/3/10)
です。


昇段シミュレーター四麻版
昇段シミュレーター三麻版

麻雀関係のツール集

牌画ツール(天鳳牌理版)
小倉システムシミュレーター
凸本の押し引き判別式


天鳳4麻Rateグラフ
天鳳3麻Rateグラフ
2009年以降の天鳳の公式Rateランキングに載っているID全員のRateグラフが見れます。
天鳳4麻Rateグラフ2008
天鳳3麻Rateグラフ2008

※グラフとか見れないとかの場合は、IE以外のブラウザを使ってみてください。

BPM測定とメトロノーム
点数計算ますたぁ
表からtableツール


月刊ネットマージャン

月刊ネットマージャン 2009年1月号に掲載されました♪
uniqlock
最新記事
コメ㌧
トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。