1. Top » 
  2. デジタル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

仮説「麻雀は滅びる」5

デジタルだけになったら麻雀は滅びる」

デジタルVSオカルト」という図式はもう古いですよね。
流れとか言う人も消えつつあるし。

これからの対立図式はこうなります。
人間にアプローチするか。
人間から切り離して麻雀だけにアプローチするか。

前者は人文科学で、アナログ派。雀鬼流とかも。
後者は自然科学で、デジタル派。

デジタルがやったことは、人間と麻雀を切り離すことで、麻雀を全体的に飛躍的にレベルアップさせました。
最強の打ち方というのもデータ面から分析されつつあります。
でも、その先に何があるかと問われれば、疑問です。

アナログ派は、麻雀以外にも応用が効く。
デジタル派は、応用が効かない。他の所ではそこでのデータ・数字が必要になる。本質的な自信ではないから。

ヒントになったのは雀鬼流なんだけど、
雀鬼流のシステムはよく出来てるとは思います。
雀鬼流みたいな人文科学的なアプローチって他にあるのかな?
私はこっちの方に希望を持ってます。




スポンサーサイト

仮説「麻雀は滅びる」3

なんかいろんな人がこのことについて書いてますね。
私の「デジタルだけになったら麻雀は滅びる」に対して、
デジタルだけになることはないし滅びないから大丈夫だよ」というかんじで。

仮定としてもありえないし、遠い未来のことに不安になってもしょうがないですよね。
特に私たちは麻雀から離れられない人ばっかだから、楽観論になるのも当然だけど、
今日明日のことと、私たち以外の一般人にはどうなのか?
目的は、世間での麻雀の地位向上みたいな?大げさか!

この前の最強戦でも、一番アピールできてたのは雀鬼流だったし、
これからデジタル派のプロが増えていくと思うけど、デジタル派が一般人にアピール出来るかと言えば、私はちょっと悲観的です。
デジタル派にとって、強さ以外の何かを提示できるか。」
物語になりうるか。マンガになりうるか。客を集められるか。お金になるのかということです。
マンガでも面白いものは何回読んでも面白い。何回読んでも興奮する。
しかしデジタル・論理というのは、すげーって思って興奮するのは最初の1回だけだからです。

マンガで言うと、<カイジ・ライアーゲーム>には興味持てるけど、<アカギ・麻雀>に行きにくいという人は多いですよね。
デジタル派が多くなったらこの壁はますます高くなると思う。

デジタルって最初に言った人ってすごいですよね。
小倉孝プロの代名詞になりつつあるけど、いいなあw
ネーミングの勝利!
言ったもん勝ちw
だけどその裏にデジタルを背負う覚悟みたいなものは相当だと思う。

デジタル派が最強ということはこれから証明されていくと思うけど、強さ以外の何かを提示できるのか?
今は強さでしか議論されてないからOKだと思うんですね。
これからデジタル派が増えていくと思うプロの世界で。
強さ以外の何かがなかったら、プロとは言えないのではないか?
こんなことは私が心配することではないけどw





仮説「麻雀は滅びる」2

「わたしきづいちゃったんです。
 デジタルだけになったら麻雀は滅びるって。」

ちょっとした反響があったんで、補足してみます。

デジタルオカルトの定義を前にしたことがあるので、もういっかい。
デジタルかオカルトか?
デジタルかオカルトか?2
dejitaru_okaruto2.jpg
多い方から、
4=大半のネット雀士
3=昭和雀士
2=小倉孝プロとか
1=土田浩翔プロとか
しかし世間では、青線内がデジタル、オレンジ内がオカルトとされてるようだということを書きました。
定義はどうでもいいか。

「麻雀は滅びる」というと、将来の希望/不安の話にもってきがちだけど、
現在に限ってみたい。
まず気になるのは、プロの世界ではどうなのか?ということ。
デジタルは「魅せる麻雀」というものに最もかけ離れているように思えるからです。

プロというのは、お金になるということだけど、
デジタルがお金になるとは思えないんです。
特に、これからネット麻雀からのプロが多くなると思うのでなおさら。

デジタルは自分勝手に打つというイメージがあります。
自重しないというか。
昔喰い替えをする人がいたら牛歩して分からせるとかいう人がいたり。
喰い散らかしとか。愚形即リーとか。
相手を気にせず、美しくなくても、自分勝手にデジタルで打つのが最強だと分かりつつある。

美しさなんて誰も求めてないよ!
強ければいいんだよ!
そうかもしれない。

雀鬼流はどうなのか?「魅せる麻雀」として。
よく知らないけど、デジタルよりは期待できるかもしれない。
彼らには強制的に制限が加わってるから、普通に制限なしに打つ人に負けて当たり前で。
だけど勝てない打ち方がこれから意味を持ちうるのか疑問でもあるし。

制限。
雀鬼流だけでなく、今のほとんどのプロがなにかしらの制限付きで打ってるのではないか?
そのため制限なし何でもありの、ネット発デジタル派の小倉プロが台頭してきた?
違うか?
制限じゃなくて、打ち方の進化というべきか。

デジタルの最強の打ち方というのが、これから分析され、いろいろ発見もされていくでしょう。
期待してるし、すごい楽しみです!

でもその進化した先はなんか虚しさみたいなものを感じるんですが、私だけみたいです。「虚しさと死」というふうに勝手に感じたんですが、そんなこともないみたいだし。
ほんとはこういう否定的なことは言わない方がいいんだけどw




仮説「麻雀は滅びる」

わたしきづいちゃったんです。
デジタルだけになったら麻雀は滅びるって。

昭和」と「デジタル」に二分するとする。
昭和が駆逐されそうな勢いですよね。
けど、昭和がいいとか、昭和に戻れとか言うつもりはありません。
この流れは逆戻りできないし、不可避です。
そういう議論とか論争をのんきにしていられるのも今のうちのような気がします。

単純に強さで言ったらデジタルが勝つに決まってます。
強さを追求した結果、失う代償は大きいかもしれない。

麻雀の質として、心理戦とかかけひきが消えていく方向にあります。
これは重要って思っていて、
小倉孝プロがポーカーに行ったりするのも、そこがポイントかとも思います。
勝手に思ってるだけですけど。

デジタルがネット発なのも偶然ではないと思います。
ネットは、人を人としない面があるので。
昭和では暗黙の了解があったと思います。
例えば、食い散らかさないとか。

昭和は、落とし穴をせっせと作って相手を落とす。
デジタルは、100m走で自分がトップになることだけ。
っていう勝手なイメージがあります。
人を人としないことで麻雀の最強の打ち方が分かりつつある半面、
心理的対人ゲーム性というのは失われたのではないか。
この点、昭和の方が面白いかもしれない。
でも後戻りはもうできない。

麻雀のゲームバランスが悪いのかもしれない。
もっと手役を作りたい。とか、
もっとかけひきがしたい。とか、
そういう昭和麻雀も勝てるようなバランスになってほしい気もするけど、
もう後戻りはしないんだろうな。

デジタルを進めるとどうなるか?
虚しさと死が待っている。
うわ言いすぎたw
でもデジタルというのはある意味機械になれ。ということなので、あながち間違いではないと思いますがどうでしょうか?





Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

なめとん

Author:なめとん
twitter
天鳳


観戦くん
天鳳の特上・鳳凰卓を観戦できるツールです。(男冥利.com対応・SS機能・Twitter検索・観戦ランキング付き)最新は
ver0.69鳳凰卓復興支援機能つき(2012/3/10)
です。


昇段シミュレーター四麻版
昇段シミュレーター三麻版

麻雀関係のツール集

牌画ツール(天鳳牌理版)
小倉システムシミュレーター
凸本の押し引き判別式


天鳳4麻Rateグラフ
天鳳3麻Rateグラフ
2009年以降の天鳳の公式Rateランキングに載っているID全員のRateグラフが見れます。
天鳳4麻Rateグラフ2008
天鳳3麻Rateグラフ2008

※グラフとか見れないとかの場合は、IE以外のブラウザを使ってみてください。

BPM測定とメトロノーム
点数計算ますたぁ
表からtableツール


月刊ネットマージャン

月刊ネットマージャン 2009年1月号に掲載されました♪
uniqlock
最新記事
コメ㌧
トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。