1. Top » 
  2. オカルト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

仮説「麻雀は滅びる」2

「わたしきづいちゃったんです。
 デジタルだけになったら麻雀は滅びるって。」

ちょっとした反響があったんで、補足してみます。

デジタルオカルトの定義を前にしたことがあるので、もういっかい。
デジタルかオカルトか?
デジタルかオカルトか?2
dejitaru_okaruto2.jpg
多い方から、
4=大半のネット雀士
3=昭和雀士
2=小倉孝プロとか
1=土田浩翔プロとか
しかし世間では、青線内がデジタル、オレンジ内がオカルトとされてるようだということを書きました。
定義はどうでもいいか。

「麻雀は滅びる」というと、将来の希望/不安の話にもってきがちだけど、
現在に限ってみたい。
まず気になるのは、プロの世界ではどうなのか?ということ。
デジタルは「魅せる麻雀」というものに最もかけ離れているように思えるからです。

プロというのは、お金になるということだけど、
デジタルがお金になるとは思えないんです。
特に、これからネット麻雀からのプロが多くなると思うのでなおさら。

デジタルは自分勝手に打つというイメージがあります。
自重しないというか。
昔喰い替えをする人がいたら牛歩して分からせるとかいう人がいたり。
喰い散らかしとか。愚形即リーとか。
相手を気にせず、美しくなくても、自分勝手にデジタルで打つのが最強だと分かりつつある。

美しさなんて誰も求めてないよ!
強ければいいんだよ!
そうかもしれない。

雀鬼流はどうなのか?「魅せる麻雀」として。
よく知らないけど、デジタルよりは期待できるかもしれない。
彼らには強制的に制限が加わってるから、普通に制限なしに打つ人に負けて当たり前で。
だけど勝てない打ち方がこれから意味を持ちうるのか疑問でもあるし。

制限。
雀鬼流だけでなく、今のほとんどのプロがなにかしらの制限付きで打ってるのではないか?
そのため制限なし何でもありの、ネット発デジタル派の小倉プロが台頭してきた?
違うか?
制限じゃなくて、打ち方の進化というべきか。

デジタルの最強の打ち方というのが、これから分析され、いろいろ発見もされていくでしょう。
期待してるし、すごい楽しみです!

でもその進化した先はなんか虚しさみたいなものを感じるんですが、私だけみたいです。「虚しさと死」というふうに勝手に感じたんですが、そんなこともないみたいだし。
ほんとはこういう否定的なことは言わない方がいいんだけどw




スポンサーサイト

Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

なめとん

Author:なめとん
twitter
天鳳


観戦くん
天鳳の特上・鳳凰卓を観戦できるツールです。(男冥利.com対応・SS機能・Twitter検索・観戦ランキング付き)最新は
ver0.69鳳凰卓復興支援機能つき(2012/3/10)
です。


昇段シミュレーター四麻版
昇段シミュレーター三麻版

麻雀関係のツール集

牌画ツール(天鳳牌理版)
小倉システムシミュレーター
凸本の押し引き判別式


天鳳4麻Rateグラフ
天鳳3麻Rateグラフ
2009年以降の天鳳の公式Rateランキングに載っているID全員のRateグラフが見れます。
天鳳4麻Rateグラフ2008
天鳳3麻Rateグラフ2008

※グラフとか見れないとかの場合は、IE以外のブラウザを使ってみてください。

BPM測定とメトロノーム
点数計算ますたぁ
表からtableツール


月刊ネットマージャン

月刊ネットマージャン 2009年1月号に掲載されました♪
uniqlock
最新記事
コメ㌧
トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。